プロジェクトマネジメント|タクトシステムズについて知る|様々な業種向けのITソリューション
IT

タクトシステムズについて知る|様々な業種向けのITソリューション

プロジェクトマネジメント

ウーマン

タクトシステムズはプロジェクトマネジメントに力を注いでいるIT企業で、全技術者の25%がPMP資格を所有しているといった特徴があります。PMPというのは、「Project Management Professional」の略称で、アメリカのPMI(プロヘクトマネジメント協会)が主催しているプロジェクトマネジメントに関する国家資格です。この資格は現在のIT業界にて最も注目されている資格の一つと言われており、その取得何度は極めて高いとされています。タクトシステムズでは、その難しい資格を25%もの技術者が所有しているのです。

PMPというのはプロジェクトマネジメントの指揮・監督といった立場を経験したことのある技術者しか受験することができず、この資格を25%の技術者が取得しているということは、それだけプロジェクトマネジメントにおける指揮・監督という立場を経験したことがあるという技術者がいるということです。システム開発をIT企業に依頼するにあたっても、経験豊富な技術者が多いというのが分かるというポイントは、安心してシステム開発を依頼するための非常に重要な要素となるでしょう。もし、システム開発をIT企業に依頼したいと考えている企業が存在するのであれば、タクトシステムズに相談してみることをお勧めします。タクトシステムズなら、依頼者側のニーズに沿った高品質なITソリューションを開発・提供することができるでしょう。また、安定したプロジェクトマネジメントにより、依頼されたプロジェクト(システム開発)を確実に完遂してもらうことができるのです。