高い納期遵守率を実現|タクトシステムズについて知る|様々な業種向けのITソリューション
IT

タクトシステムズについて知る|様々な業種向けのITソリューション

高い納期遵守率を実現

IT

数多くの企業の中には、業務を効率化するために新しいシステムを導入したいと考えている企業が少なからず存在するかと思います。そういった時には、タクトシステムズのITソリューションについて調べてみると良いでしょう。タクトシステムズは幅広い業種をターゲットとしたIT企業で、様々なITソリューションを提供してくれます。何より、タクトシステムズであれば、高品質なITソリューションを安定してくれるだけでなく、納期遵守率も高いため安心してシステム開発を依頼することができるのです。ここでは、タクトシステムズにおける高い納期遵守率の秘密について知っていきましょう。

タクトシステムズが高い納期遵守率を保つことができる理由としては、TOCに基づくCCPMの実践が挙げられます。CCPMというのは、全体最適化のことを指すプロジェクト管理手法です。それを実践することによって、困難なシステム開発であっても開発期間を大幅に短縮することができます。CCPMを実践したタクトシステムズでのプロジェクトの流れとしては、最初に目的・成果物・成功基準等を明確にすることから始めます。そして、必要なタスクや依存関係の洗い出しを行なうのです。洗い出しが終わった後にはリソースの負荷分散を行ない、クリティカルチェーンを特定してバッファを設定します。ここまでは、プロジェクトの慣れにおける計画段階です。計画段階を過ぎると、時宜に実行段階に移ります。実行段階では、計画に沿って残日数で進捗状況を確認し、設定したバッファの色でプロジェクトの危険度を把握するといったサイクルを繰り返しいきます。このプロジェクト管理手法によって、タクトシステムズは他社よりも早くシステム開発を行なうことができるのです。